Windows 8でHyper-VとVMware Playerを共存させる方法

Windows 8環境下で、Windows PhoneのSDKを入れると自動的にHyper-VというMSの仮想化システムがセットアップされます。Windows PhoneのエミュレータはこのHyper-V上で動くわけですが、このHyper-VがVMware Playerとは共存ができないです。Hyper-VがインストールされたPCにVMware Playerをインストールしようとすると、「Hyper-VがインストールされたPCにはインストールできません」という旨のメッセージが表示されるだけで、インストールができません。またVMware Playerを先にインストールしても、Hyper-VをインストールしてしまうとVMware Player上の仮想マシーンが起動できません。今回のポストではHyper-VとVMware Playerを完全に共存させることではないものの、削除・再インストールなしで2つのプログラムを切り替える方法を紹介します。

仕組みは簡単です。Hyper-Vを削除しないで、ただその機能だけを停止させてVMware Playerを利用することです。まず管理者権限でコマンドプロンプト(cmd.exe)を開いて、以下のコマンドを入力します。

bcdedit /set hypervisorlaunchtype off

このコマンドの入力の後、PCを再起動させることで、Hyper-Vは完全にOFF状態になり、Hyper-V上の仮想マシーンは起動できなくなります。その代わり、VMware Playerがインストール・削除できるようになり、VMware Player上の仮想マシーンが起動できます。Hyper-Vをまた利用したいときは同じく

bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto

というコマンドを入力します。この後PCを再起動すると今度はVMware Playerが利用できなくなり、Hyper-Vが利用できるようになります。再起動することが少々面倒ではありますが、毎回インストール・削除を繰り返すよりははるかに便利です。

上の両コマンドをbatファイルなどで作成しておくと、より簡単に切り替えができると思います。

「Windows 8でHyper-VとVMware Playerを共存させる方法」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Note: Commenter is allowed to use '@User+blank' to automatically notify your reply to other commenter. e.g, if ABC is one of commenter of this post, then write '@ABC '(exclude ') will automatically send your comment to ABC. Using '@all ' to notify all previous commenters. Be sure that the value of User should exactly match with commenter's name (case sensitive).